京都府
仏塔 海住山寺 五重塔 国宝 木津川市
仏塔 醍醐寺 五重塔 国宝 京都市伏見区
仏塔 東寺 五重塔 国宝 京都市南区
仏塔 浄瑠璃寺 三重塔 国宝 木津川市
仏塔 仁和寺 五重塔 重要文化財 京都市右京区
仏塔 法観寺 五重塔 重要文化財 京都市東山区
仏塔 東寺 五重小塔 重要文化財 京都市南区
仏塔 岩船寺 三重塔 重要文化財 木津川市
仏塔 清水寺 三重塔 重要文化財 京都市東山区
仏塔 清水寺 子安塔 重要文化財 京都市東山区
仏塔 金戒光明寺 三重塔 重要文化財 京都市左京区
仏塔 金剛院 三重塔 重要文化財 舞鶴市
仏塔 宝積寺 三重塔 重要文化財 乙訓郡大山崎町
仏塔 金胎寺 多宝塔 重要文化財 相楽郡和束町
仏塔 常寂光寺 多宝塔 重要文化財 京都市右京区
仏塔 大福光寺 多宝塔 重要文化財 船井郡京丹波町
仏塔 智恩寺 多宝塔 重要文化財 宮津市
仏塔 宝塔寺 多宝塔 重要文化財 京都市伏見区
仏塔 善峰寺 多宝塔 重要文化財 京都市西京区
仏塔 成相寺 五重塔 指定無 宮津市
仏塔 真正極楽寺 三重塔 府指定重文 京都市左京区
仏塔 三室戸寺 三重塔 府指定重文 宇治市
仏塔 巣林寺 三重塔 指定無 京都市西京区
仏塔 穴太寺 多宝塔 府指定重文 亀岡市
仏塔 安楽寿院 多宝塔 指定無 京都市伏見区
仏塔 今熊野観音寺 多宝塔 指定無 京都市東山区
仏塔 円隆寺 多宝塔 指定無 舞鶴市
仏塔 鞍馬寺 多宝塔 指定無 京都市左京区
仏塔 三明院 多宝塔 指定無 京都市左京区
仏塔 神護寺 多宝塔 指定無 京都市右京区
仏塔 清凉寺 多宝塔 府指定重文 京都市右京区
仏塔 禅林寺 多宝塔 指定無 京都市左京区
仏塔 大覚寺 多宝塔 指定無 京都市右京区
仏塔 知恩院 多宝塔 指定無 京都市東山区
仏塔 法輪寺 多宝塔 指定無 京都市西京区
仏塔 本法寺 多宝塔 指定無 京都市上京区
仏塔 縁城寺 多宝塔下重 指定無 京丹後市
城郭 二条城 100名城・国宝 京都市中京区
国宝 石清水八幡宮 本社(10棟) 国宝 八幡市
国宝 宇治上神社 拝殿 国宝 宇治市
国宝 宇治上神社 本殿 国宝 宇治市
国宝 賀茂御祖神社 東本殿・西本殿 国宝 京都市左京区
国宝 賀茂別雷神社 本殿・権殿 国宝 京都市北区
国宝 観智院 客殿 国宝 京都市南区
国宝 北野天満宮 本殿・石の間・拝殿・楽の間 国宝 京都市上京区
国宝 広隆寺 桂宮院本堂 国宝 京都市右京区
国宝 清水寺 本堂 国宝 京都市東山区
国宝 高山寺 石水院 国宝 京都市右京区
国宝 光明寺 二王門 国宝 京都府綾部市
国宝 三宝院 表書院 国宝 京都市伏見区
国宝 三宝院 唐門 国宝 京都市伏見区
国宝 慈照寺 銀閣 国宝 京都市左京区
国宝 慈照寺 東求堂 国宝 京都市左京区
国宝 浄瑠璃寺 本堂 国宝 木津川市
国宝 醍醐寺 金堂 国宝 京都市伏見区
国宝 醍醐寺 清滝宮拝殿 国宝 京都市伏見区
国宝 醍醐寺 薬師堂 国宝 京都市伏見区
国宝 大仙院 本堂 国宝 京都市北区
国宝 大徳寺 唐門 国宝 京都市北区
国宝 大徳寺 方丈及び玄関 国宝 京都市北区
国宝 大報恩寺 本堂 国宝 京都市上京区
国宝 知恩院 三門 国宝 京都市東山区
国宝 知恩院 御影堂 国宝 京都市東山区
国宝 東寺 金堂 国宝 京都市南区
国宝 東寺 大師堂(西院御影堂) 国宝 京都市南区
国宝 東寺 蓮花門 国宝 京都市南区
国宝 東福寺 三門 国宝 京都市東山区
国宝 東福寺 龍吟庵方丈 国宝 京都市東山区
国宝 豊国神社 唐門 国宝 京都市東山区
国宝 南禅寺 方丈 国宝 京都市左京区
国宝 西本願寺 阿弥陀堂 国宝 京都市下京区
国宝 西本願寺 唐門 国宝 京都市下京区
国宝 西本願寺 飛雲閣 国宝 京都市下京区
国宝 西本願寺 御影堂 国宝 京都市下京区
国宝 仁和寺 金堂 国宝 京都市右京区
国宝 平等院鳳凰堂 国宝 宇治市
国宝 法界寺 阿弥陀堂 国宝 京都市伏見区
国宝 妙法院 庫裏 国宝 京都市東山区
国宝 龍光院 書院 国宝 京都市北区
国宝 蓮華王院 三十三間堂 国宝 京都市東山区
タワー 京都タワー 指定無 京都市下京区
京都府の仏塔の特色

仏塔の数は多く、五重塔、三重塔、多宝塔がまんべんなく存在。 そしてその大半を国宝、重要文化財指定のものが占めている。  国宝の仏塔は、京都府下最古の木造建築にして、日本3名塔の一つに数えられる『醍醐寺五重塔』を筆頭に、 現存日本一の高さを誇る『東寺五重塔』、鎌倉時代建造五重塔で唯一残る『海住山寺五重塔』、平安時代に一条大宮から 元木津川市に移築された『浄瑠璃寺三重塔』の4基が存在し、その4基とも歴史的価値が非常に高い。
 重要文化財指定の仏塔も、京都府北部の『智恩寺多宝塔』や『金剛院三重塔』から、南部の『金胎寺多宝塔』や『岩船寺三重塔』まで、京都府下のあちこちに点在しており、種類年代など様々である。

仏塔を含めたすべての国宝建造物に関しては、その数、古さ、質は、奈良県に次いで高いと言える。
 ただし、歴史的に京都は、応仁の乱などの戦火の影響で、数多くの古建築が灰塵に帰している。  そのため、平安時代以前の建造物はそれほど多く現存しておらず、建造物の古さという点に関しては、1位の奈良県に遠く及ばない。 
 しかしそれでも古くて貴重な建造物は、『宇治上神社本殿』や『平等院鳳凰堂』、『醍醐寺薬師堂』など、枚挙にいとまがないほど多い。 第3位以下の都道府県は大きく引き離し、京都府の2位の位置は揺るがないと言えるだろう。
 京都府下の国宝建造物や仏塔の中には、拝観時期が決まっていたり、撮影または拝観そのものが禁止された建造物がいくつか存在し、 他に、『金胎寺多宝塔』や、『光明寺二王門』など、非常に辺鄙な場所にある建造物がある。 それらの点も含めて、京都府下すべての仏塔、及び拝観可能な国宝建造物をじっくり観て回るには、とてつもない日数を要する。  近郊に在住しているなら気軽に何度も通えるだろうが、遠い地方の人は拝観時期などを調べて 何度も旅行し、場合によってはレンタカーを利用したりする必要があるだろう。


HOMEへ戻る